Top >  メタボリック症候群予防 >  フコイダンと突然死 2

スポンサードリンク

フコイダンと突然死 2

フコイダンは動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。
動脈硬化は、突然死など怖い病気の原因となる、がんと並ぶ恐ろしい病態です。

を予防するために、できることは何でしょうか。

心肺停止(CPA)で緊急で運び込まれる人々の緊急医学の現場では、の原因は、(脳梗塞、脳出血)、胸部・腹部などです。

心臓の栄養血管であるの血流が詰まって起きるです。
心臓の動脈壁にができ、が詰まる原因があげられます。

LDL(悪玉)コレステロールが関与し、が出来てしまうことの要因しているといわれています。
が破れることで出来る傷をふさぐため、血小板が集まり血液が固まる結果を招き、血管が詰まり流れがせき止められてしまうのです。

フコイダンのヌルヌル成分の中に含まれているアルギン酸は、摂取した他の食品のコレステロールの吸収を妨げる働きをすることがわかっています。

コレステロール値の高い食物を食べたい時に、海藻を一緒に多く摂ることは、健康に良い働きをすることは昔から知られています。

フコイダンの製品には、アミノ酸がバランスよく含まれた製品が多くあります。

必須アミノ酸の、わたしたちの体内における働きでコレステロールに効果があるものがあります。

フコイダンの栄養とともに、一緒にとることができるアミノ酸は相乗効果が期待できるといえるでしょう。
フコイダンを選ぶときには、アミノ酸の含有量も決め手の一つとなると考えられます。
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)について詳しくは
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に詳しく書かれています

がん アミノ酸 コレステロール      くも膜下出血 動脈硬化

 <  前の記事 フコイダンの研究は進む  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと突然死 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴