Top >  メタボリック症候群予防 >  フコイダンの血圧上昇抑制とメタボリック症候群の血管障害

スポンサードリンク

フコイダンの血圧上昇抑制とメタボリック症候群の血管障害

フコイダンには、血圧上昇抑制効果があることが解明されています。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)は在自覚症状や疾病が無くても、合併症を起すことから、病気として考えられています。

腹部の臓器と臓器の間にが蓄積された内臓が、など起こさせ高血圧、など悪い作用をするのです。

糖尿病は高血圧を原因にする病気ではないのですが、健常者の人に比べて高血圧の人は、2~3倍も糖尿病を発症することがわかっています。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)と診断されて、糖尿病の発症をしていなくても、動脈硬化はすでにひそかに進行している危険があります。

大変怖い危険因子が高です。

糖尿病と高血圧が重なった場合は、それぞれに影響し、血管障害が加速され、や脳卒中に至るケースも少なくないのです。

動脈硬化は、血液をどろどろにし血管も傷つけボロボロにしてしまいます。

結果、体のどこの部位で血管が破裂してもおかしくないような、危険な状態になってしまうのです。
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)について詳しくは
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に詳しく書かれています

 メタボリック症候群 メタボリックシンドローム 糖尿病 脳卒中

 <  前の記事 フコイダンと高血圧  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの研究は進む  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴