Top >  メタボリック症候群予防 >  フコイダンとメタボリック症候群、糖尿病

スポンサードリンク

フコイダンとメタボリック症候群、糖尿病

フコイダンは海藻に含まれる成分です。

海藻は体内で水分を含み大きく膨らんで、満腹感を起こさせる作用でも知られています。


メタボリック症候群を起こす中核は、肥満による内蔵の生理物質の影響で、に体が抵抗しなくなるという抵抗性が糖尿病誘発するといわれています。

という細胞から分泌される物質が、内臓蓄積により異常がおこることが、直接の原因とされています。

日本人は糖尿病と関わりが深い肥満であることが多く、小太りの状態(BMI25~27)でも、遺伝的要因からメタボリック症候群に移行している場合が少なくありません。

まだ糖尿病は発症していないのですが、メタボリック症候群になり、動脈硬化はすでに発症し始めていると考えられています。

メタボリック症候群は糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞を起こしやすくする、同じ性質を持つ症例群を指しています。

メタボリック症候群から脱出する、または予防する方法は、肥満の解消です。

粘膜を守る作用が強く、体の免疫力を高める作用を持つフコイダンを多く含む海藻を上手に摂取し、肥満を予防するのだという意識で、おやつ代わりに昆布などを口にすることはの掃除の面でも、フコイダンの効果を得るためにもよいのかもしれません。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)について詳しくは
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に詳しく書かれています

メタボリック症候群 糖尿病 肥満

 <  前の記事 フコイダンとメタボリック症候群のミネラルについて  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはメタボリック症候群に効果があるのか?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴