Top >  メタボリック症候群予防 >  フコイダンとメタポリック症候群について

スポンサードリンク

フコイダンとメタポリック症候群について

フコイダンががんへの作用のほかに、血流をさらさらにして血栓を取り除き、粘膜や皮膚、血管の傷などの修復を早め促進する効果があることに触れてきました。


メタボリック症候群の研究が進み、メタボリック症候群と密接に関係しているの働きも解明されてきました。

細胞自身が分泌している、善玉のという物質がです。

とはが分泌する成分ですが、悪玉と善玉の二つがあり、健康な体内では善玉と悪玉の二つがバランスよく分泌されているのですが、内臓が多く付くと、善玉が減り悪玉が多くなることが判っています。

善玉のと呼ばれています。

の役割とはどんなことでしょうか。

ヒトの血管はタバコ、血圧やの上昇、、悪玉であるの働きによるものなど様々な理由や原因で傷つけられています。

は血液中に流れ、傷ついた血管を修復するための働きをすることがわかっています。

このの働きが弱まり、血管修復が遅れる傾向にあるのが、メタボリック症候群の症状としてあげられます。

の働きが弱いために、血栓ができ血液循環に問題が出る動脈硬化などの症状に対応しきれなくなると危険因子として言われているのです。
の働きが弱いために、血栓ができ血液循環に問題が出る動脈硬化などの症状に対応しきれなくなると危険因子として言われているのです。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)について詳しくは
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に詳しく書かれています

 メタボリック症候群 血栓

 <  前の記事 フコイダンとがん細胞  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとメタボリック症候群のミネラルについて  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴