Top >  メタボリック症候群予防 >  フコイダンの血栓抑制効果とメタボリック症候群予防

スポンサードリンク

フコイダンの血栓抑制効果とメタボリック症候群予防

フコイダンは様々な生理活性が認められ、フコイダンの大きなパワーは医薬品としての将来にも大きな期待が寄せられています。

メタボリック症候群とは、肥満が一因として上げられますが
肥満といっても、皮下の肥満と、内臓による肥満とに分けられ
皮下よりも内臓のほうが健康に害すると考えられ
生活習慣病の要因として知られています。

それでは、内臓肥満とはどんな事を指すのでしょうか。

内臓にが付き、が蓄積していくと、物質の「アディポネクチン」の分泌の低下などにより、を調整するに対する抵抗値が内臓が出す作用で高まってしまうのです。

に対する抵抗性が出来てしまうことがきっかけになり、耐糖能異常であるが高くなる症状や、血圧上昇、が起きてきます。

1987年からタカラでは、由来のフコイダンについて、がんへの作用や健康への効果について研究が重ねられています。

平成16年5月20日 タカラバイオ株式会社 の研究により
フコイダン・オリゴ糖を経口から投与することにより、血栓形成が抑制される効果があると発見されたことが発表されました。

この実験では、カナダのサスカチュアン大学動物医化学部のヒーバート教授との共同研究を進めた結果ガゴメコンブからしたフコイダンを低分子化させフコイダン・オリゴ糖に精製、ラットに経口投与する実験を行い、血栓形成を抑制する効果を発見したというものです。
実験では、タカラが海洋性から発見したという、Fーフコイダン分解を使って製造した、フコイダン・オリゴ糖を用いた実験であり、フコイダンが血栓形成を浴せうすると実証されたとして、メタボリック症候群の予防や、生活習慣病の予防、ひいては動脈硬化予防にも効果があるといわれています。

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)について詳しくは
メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)に詳しく書かれています

がん   動脈硬化  生活習慣病

 <  前の記事 フコイダンの効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは2経路でがんに攻撃  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴