Top >  高分子・低分子による効果の差 >  1 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

スポンサードリンク

1 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

フコイダンの効果を得るためには、「高分子フコイダンと、低分子フコイダン、いったいを選べばよいのでしょう?」
市販されているフコイダンは余りにも種類と数が多くて、どれがいいのか解らないといった、悩んでしまうことが多くあります。

フコイダンは大雑把に分けると、 フコイダンと低分子フコイダンの二つに大別されます。
その低分子フコイダンの中には、超低分子フコイダンと言うのもあります。

さて。フコイダンとは、本来  でできており、低分子化することでフコイダンではなくなってしまうという性格を持っています。

フコイダンと、低分子フコイダンを比較した場合
低分子フコイダンのほうが吸収よいという証明は、現段階ではまだ証明されていません。

フコイダンと低分子フコイダンが比較される背景には、フコイダンが であるために吸収が悪いならば、低分子化して吸収を良くすることでフコイダンの有効な成分が身体中にいきわたるのではないかという考え方があるからです。

しかし、吸収されやすいかどうかよりも重要なことは、、
結果的にどちらのフコイダンが体のために働いてくれるのかと言うことになります。

フコイダンは低分子してもフコイダンとして維持できているのかどうかはさておき、フコイダンの吸収性が良いほど優れたフコイダンであるならば、飲用量は低分子フコイダンほど少なくすむということが考えられます。
がん  

 <  前の記事 フコイダン茶をヤクルトが新発売  |  トップページ  |  次の記事 2 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴