Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダン 美肌効果2

スポンサードリンク

フコイダン 美肌効果2

フコイダン効果の保湿能力の高さに、化粧品への応用が広く行われています。

海藻エキスを用いた、皮膚の老化予防、改善効果の、動物実験データーでは、
マウス実験で、フコイダンにを予防する効果があるとの報告がされています。

ヘアレスマウスに紫外線を照射し、皮膚の老化を判定する「ヘアレスマウス光老化モデル」を用い、海藻エキスの湿布によって、の形成にどの程度違いが見られるか、観察したそうです。

』の誘導は、マウスに低用量紫外線を12週間照射し、の程度を測定しました。

12週間後のマウスは、照射されたものは、目視でが確認できるほど皮膚の老化が見られ、12週間照射しながら、海藻エキスの湿布も行ったマウスとの比較を測定しました。

1.全く紫外線照射を行わないマウス

2.紫外線照射を12週行うマウス

3.紫外線照射を行いつつ、海藻エキスの湿布も同時に行い、
さらに13週から24週まで湿布も続けるマウス

4.紫外線照射を12週行い、13週目から24週まで海藻エキスの湿布を行うマウス

24週間後、皮膚の老化度を測定するために、皮膚の弾力、皮膚の厚み、皮膚コラーゲン量を数値化すると、 

顕微鏡写真で、24週目のマウスの皮膚切片を染色(ヘマトキシリン+エオシン)した結果によると、紫外線照射なし(1)とほぼ同程度の皮膚厚を塗布群(3・4)が示しているという興味深い結果が出ました。

海藻エキスそのものに、皮膚を老化させる、形成抑制、改善、皮膚弾力性低下抑制、皮膚肥厚抑制、皮膚コラーゲン量低下抑制作用が、認められました。

海藻エキスに含まれる、フコイダンの効果が発揮された結果だったと考えられています。

フコイダン 

 <  前の記事 フコイダンのHGF産生増強活性  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果、昆布の科学  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴