Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダン効果の吸収面

スポンサードリンク

フコイダン効果の吸収面

フコイダンには直接患部に接触しないと効果がないといわれている風説があります。
喉頭がん、舌がん、がん、胃がん、がんなどに効果が見られ、
それ以外の部位の場合、フコイダンが直接触れないのだから効果は期待できないといわれていました。

であるフコイダンを超低分子化することで吸収率を高めることが可能となります。

フコイダンの分子量を小さくし吸収が良くなれば、体内に効率よく入り込むことができ、直接触れることのない器官にも、血管を通って患部、にたどり着くことができるのです。

フコイダンを引用した場合に、患部が熱くなったり体温が上がると言うことがあるのですが
フコイダンが患部に届いたと考えられています。

良質のフコイダンを製品化していても吸収が悪ければ、患部にフコイダンが働きかけることは出来ないのですから、吸収力が高いということは、当然細胞にフコイダンが攻撃をしていくことが可能になると考えられているのです。

低分子化して吸収力が高ければ、お年寄りや胃の弱い人でも吸収が可能です。

もしも分子量が大きくて、体内吸収率が悪く、摂取した3%程度取り込んだとした場合、
その効果はやはり3%分の働きしか期待できません。

フコイダンのや内容の高さはもちろんですが、重要なのは低分子化されているかどうかのほうが重要ともいえます。

低分子化するにあたり、フコイダンの一番大事な要素、硫酸基の分子量を維持したまま
超低分子化したフコイダンなら、患部の部位が身体の何処にあったとしても
血管を通して患部に届き、に効果的に働くことが出来ると考えられています。フコイダン    

 <  前の記事 フコイダン効果、がん細胞を正常させるアポトーシス  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果は消化器だけではない  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴