Top >  高分子・低分子による効果の差 >  高分子 低分子の違いって何だろう?

スポンサードリンク

高分子 低分子の違いって何だろう?

フコイダンの性質として、高分子多糖体であるということが
体内への吸収の詐害に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで、高分子を低分子に変えたフコイダンが一時 注目を集めたのですが、残念ながら低分子に変えた時点で、「低分子フコイダン」はフコイダンではなくなってしまうのです。

体内で、効果を発揮して欲しいフコイダンですので、吸収されにくいフコイダンを、どのように吸収力を持たせるのかが研究されてきました。

今、もっとも吸収力のあるフコイダンとして、フコイダンの機能性に優れたまま摂取できる素材が、液体化フコイダンなのです。

を持たせる形にしたことで、充分に水溶化されているので、安全かつ期待に応えるフコイダンとして注目されています。

水溶化されたフコイダンの吸収力は、固形物とは比べ物になりません。
高吸収されることが、フコイダン効果を体内に取り込める第一歩であることは言うまでもありません。
フコイダン    多糖体 吸収

 <  前の記事 シーフコイダンはトンガ王国の海のモズクが原料です  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果はなぜ ガンに効くのか?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴