Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダンの高分子のほうが効果とする考え方

スポンサードリンク

フコイダンの高分子のほうが効果とする考え方

フコイダンの吸収面からの危惧が、フコイダンの分子を小さくした製品、低分子フコイダンがでています。
しかしフコイダン効果と言う点から見たら、硫酸基の分子を壊してしまいかねない危険が伴い、硫酸基の分子が壊れてしまったフコイダンは、すでにフコイダンではなく、極論すれば単なるショ糖やオリゴ糖のような糖質になってしまっている危険があるからです。

吸収と言う面からだけ、フコイダンを捉えるのではなく、フコイダンの作用は で吸収されにくいからこそ起こるというメカニズムがあると主張されています。

低分子化されているフコイダンには、結果的に のフコイダン含有率が少ないということになります。

低分子と のフコイダンを比較し、専門研究者の間では、低分子のほうが吸収率がよくなっているという実験結果は確認されていないとされています。

硫酸基がバラバラになったフコイダンでは、動物実験ではがん細胞にアポトーシス(細胞自滅作用)誘導させる効果が大変弱い状態になるといわれていて、吸収面からのフコイダンの低分子化に反対する意見もあります。
であるフコイダンにが注目されているのであり、効能が期待されている。
フコイダンは であるから、吸収面だけを捉え作用の強さを説明するのに無理があるとする考え方です。フコイダン  アポトーシス

 <  前の記事 フコイダンはがんの何に効果があるのか?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの製品を選ぶポイント 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴