Top >  高分子・低分子による効果の差 >  トンガ王国産

スポンサードリンク

トンガ王国産

フコイダンの原料にはフコイダンの効果が出やすいように各社 様々な取り組みがされています。
褐藻類にフコイダンが含まれることが解っていますが、抽出過程はそれぞれにおいて異なります。
フコイダンの含有量が多く、比較的抽出が簡単で、フコイダンの成分が壊れにくいモズクが原材料に選ばれることが多いようです。

海水中のやミネラルを多く含むという点でも、モズクが良いといわれたりしていますが
褐藻類のミネラルやの含有量の違いを明らかにしたような記事は、見かけたことがないので、なんとも言いがたい部分があります。

原材料のが育つ海水の汚染度が、重金属を一切含まない非常に危険性が少ないという点と、トンガ海溝からの深層海洋水による栄養豊富な条件で、トンガ王国のモズクが良いといわれています。

フコイダンの原材料だけでは、フコイダン商品としての価値は決まりません。
フコイダンに欠かせない、硫酸基の結合量が13%以上であることが、フコイダンの価値を決めるといっても過言ではありません。

良いフコイダンを選び、フコイダンの純度だけではなく硫酸基の結合量などにも充分に考慮して、よい製品を選びたいものです。

 <  前の記事 フコイダンの効果について 5  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの原料の効果の違い  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴