Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダンのアミノ酸の分析結果

スポンサードリンク

フコイダンのアミノ酸の分析結果

フコイダンとアミノ酸を一緒に製品化した商品もあります。
フコイダン効果を、アミノ酸と摂取してより高めようとするものです。

私達の人間の体は、全てたんぱく質から出来ていて
筋肉や臓器、皮膚、髪の毛、爪も、すべてがたんぱく質成分です。

わたしたちに欠かすことの出来ないたんぱく質を
作り出すものが、アミノ酸です。

現在、たんぱく質の種類は、10万種類以上認められているのですが
たんぱく質の元となるアミノ酸は、たったの20種類しかありません。

20種類しかないアミノ酸が、わたしたちの身体で様々に分子して
私達の身体を作り上げているのです。

しかし、20種類あるアミノ酸のうち、9種類は
人の体の中で作り出すことが出来ないのです。

その9種類のアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれ
毎日の生活の食事の中から摂る必要があるのです。

9種類のアミノ酸の中で欠乏するものがあると
アミノ酸は少ないものにあわせた分子しか出来ません。
バランスよく必須アミノ酸を摂取する必要があるのです。

人は健康を維持するために、必須アミノ酸をバランスよく
摂取する必要があります。

シーフコイダンには、9種類のアミノ酸をはじめ
18種類のアミノ酸が含まれていて、大変バランスの良い健康食品です。

アミノ酸分析試験結果(シーフコイダン100g中) ※は必須アミノ酸の9種類

アルギニン 8 mg
アラニン 17 mg

チロシン 9 mg
セリン 8 mg

※リジン 9 mg
グリシン 14 mg

※ヒスチジン 5 mg
プロリン 12 mg

※フェニルアラニン 12 mg
グルタミン酸 30 mg

※ロイシン 21 mg
※スレオニン 14 mg

※イソロイシン 12 mg
アスパラギン酸 26 mg

※メチオニン 6 mg
※トリプトファン4 mg

※バリン 15 mg
シスチン 3 mg

日本冷凍食品分析センター調べ
フコイダン アミノ酸 必須アミノ酸 健康

 <  前の記事 フコイダンの低分子化の問題点  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアポトーシス作用  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴