Top >  高分子・低分子による効果の差 >  シーフコイダンはトンガ王国の海のモズクが原料です

スポンサードリンク

シーフコイダンはトンガ王国の海のモズクが原料です

フコイダン効果を充分に活かしたいとするならば。

1 素材の良い良質なフコイダンを100%使用していること

2 混ぜ物を含んでいない、優れたフコイダンであること

3 フコイダンが身体に吸収されるように作られていること

4 フコイダンの成分が有効に働くように活きていること

以上が大事なポイントになります。

海藻の成分から作られるフコイダン。
フコイダンは、海藻のヌルヌル成分から作られるので、当然ながら
海藻自体が持つ性質を含んでいます。

海藻は、海の成分を取り込み、体の中に凝縮する性質があるので、海が汚れていると有害成分を取り込み、放射性物質や重金属などを濃縮してしまう性質を持っているのです。

汚染されていない海であることが、とても重要です。

美しい海で、やミネラルなどの天然の栄養が多く含まれる海水で育った海藻には、ヌルヌル成分であるフコイダンにも天然の豊富な栄養が含まれ、よりパワーが発揮されることでしょう。

有害物質は、フコイダンの生成過程で安全に取り除かれますが、取り除かれる時にフコイダンの重要な物質のひとつである、硫酸基まで取り除かれてしまうのです。

フコイダンの効果を高めるために、硫酸基は大変重要な物質ですから、取り除かれてしまうことは避けなければなりません。

超低分子フコイダンのになるもずくを摂る場所は、南太平洋のトンガ王国で、世界の海の中でも、汚染されていないもっとも美しい海として数えられています。

なぜ、トンガ王国が汚染から、離れているのかと言うと
一番近い陸地が、ニュージーランドでニュージーランドでさえ自然豊かな綺麗な陸地であり、それでも1950キロメートルも離れています。

次に近いのがオーストラリア。3680キロという距離です。

大陸から遠く離れた、トンガ諸島の自然の海だからこそ、栄養豊富なもずくが摂れるのです。

ここで一番大事なことは、トンガ王国から摂取されたもずくには、フコイダンを精製するときの、邪魔になる有害物質が含まれていないことです。

有害物質が含まれなければ、硫酸基が無くなることもなく、フコイダン効果を有効に働かせることが出来るのです。
フコイダン   効果 吸収 成分が有効

 <  前の記事 シーフコイダンとは?  |  トップページ  |  次の記事 高分子 低分子の違いって何だろう?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴