Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダンの低分子化の問題点

スポンサードリンク

フコイダンの低分子化の問題点

フコイダンの低分子化へのデメリットを完全克服 するために。

フコイダンがそのままの姿では、人の腸の粘膜を通れない大きさの
高分子物質であると分かってから、フコイダンの分子量を小さくするために
様々な取り組みが行われ、低分子フコイダンが注目されましたが
低分子フコイダンには大きな問題がありました。

フコイダンの分子量そのものを、単純に小さくするだけであるなら
それほど難しい問題ではないのです。

しかし、硫酸基の分子を保ったまま、フコイダンの分子を小さくすることは
フコイダンと硫酸基がデリケートな分子をしているために
下手な加工を施してしまうと、硫酸基との分子はほどけてしまうのです。

フコイダンの研究の第一人者である、元ボストン大学医学部の客員教授の
秋川研究所の 大石一二三博士によると

フコイダン効果に必要とされる条件として
『フコイダンと硫酸基の分子量が 13%以上』と提唱されています。

人の身体における吸収率を上げるために、硫酸基との分子を失っては
元も子もない、フコイダンの意味がなくなってしまうのです。

フコイダンと硫酸基との分子を維持したまま、なおかつ分子量を小さくするための開発が
待ち望まれたのでした。

海藻類を食用とする、「あわび」などの貝類が持つ、を取り出し
そのを利用することでフコイダンを低分子化する方法が研究されました。

現在は、長年の研究が功を奏して、フコイダンの分子量を
500以下にする特殊製法が開発されました。

抜群の吸収率を持ちながら、硫酸基の分子を維持した
超低分子モズクエキス『シーフコイダン』が生まれたのです。

『シーフコイダン』は、必要最低基準の硫酸基分子量の13%を大きく超える
16%以上を保障しています。
フコイダン 

 <  前の記事 フコイダンは、高分子物質  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアミノ酸の分析結果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴