Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダンは、高分子物質

スポンサードリンク

フコイダンは、高分子物質

フコイダンを効率よく体内に摂り入れることは、人間の腸の吸収力から、食事として生のモズクを大量に摂取しても出来ません。

モズクに含まれている『フコイダン』そのままの姿では
分子量が大きすぎて、ほとんど吸収することが人の身体ではできないからです。

私達人間が、口から摂り入れた食べ物は、胃で細かく分解し消化され
どろどろの状態になってからの粘膜で吸収されるのですが、
が吸収できる分子の大きさは、約3,000~4,000と言われています。

つまり、分子量の大きいものは、の粘膜からは吸収されにくいということです。

ちなみに、海藻から取り出したままのフコイダンの分子量は、
約20万~100万もあるのです。

が吸収しやすい大きさは、3千から4千ですから、
50倍、300倍も大きく、の粘膜を通れないのはこのためです。

人間は、摂取する食物を、胃の分解と消化で小さくし
分子を小さいものに変換して、栄養素を吸収していますが

人間のには、フコイダンを分解し消化するために必要な
が備わっていないために、摂取できたフコイダンをから
低分子に変換することが出来ず、みすみす便と一緒に吸収されなかったものとして
排出してしまっているのです。

フコイダン効果として吸収面から疑問を感じて、分子の大きさを変えた製品も出ています。
フコイダン

 <  前の記事 シーフコイダンが液体である理由  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの低分子化の問題点  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴