Top >  高分子・低分子による効果の差 >  シーフコイダンが液体である理由

スポンサードリンク

シーフコイダンが液体である理由

フコイダン製品には、液体だけでなく、錠剤になったものや
カプセルに入っているもの、粉末状態のものなど様々な形態があります。

例えばなどので出来ているフコイダンは持ち運びがとても便利で
一度開封してから長期が利いたりメリットも多くあります。

のフコイダンには、海藻独特の風味もないために大変飲みやすく
であることの理由はたくさんのメリットがあります。

のフコイダンは、持ち運びに不便であるばかりでなく
開封後の長期は出来ません。
海藻独特の風味が苦手な方もいるので、であることは
リスクが伴うのですが、それでもフコイダンをの形状にしていることには
とても重要な理由があるのです。


のフコイダンが選ばれる理由のひとつは
のほうが、のものよりも吸収に優れていることが挙げられます。

のタイプは、胃袋で溶け始めるのに比べ
のタイプは、口に入れた瞬間から粘膜に馴染んで、ゆっくりと胃まで
流れて行きます。

吸収する器官は、なにもや小だけではなく
口の中の舌下の粘膜も吸収器官のひとつなので、
舌下での吸収ができることが、成分ならではの大きなメリットとして
考えることが出来ます。

フコイダン効果はを舌下からも期待できるということにもなります。

フコイダン 

 <  前の記事 シーフコイダンの硫酸基結合量は?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは、高分子物質  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴