Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダン効果、トンガ海溝からの海水

スポンサードリンク

フコイダン効果、トンガ海溝からの海水

シーフコイダン の原料は、トンガ王国産の天然もずく が使われています。

なぜ、日本のモズクを使わないのか。

日本の沖縄モズクという馴染みのある名前の
オキナワモズクが、日本国内で摂れるモズクの90%を占めています。

なぜ低コストで出来る日本国内のモズクを使わないで
遠いトンガ王国のモズクをにするのかと言うと
その理由は、モズクの種類に関係しています。

トンガ王国のモズクは、
フコイダンの含有量がとっても豊富に含まれています。

オキナワモズクが日本国内のモズクの90%ですが
フコイダンの研究が進むにつれて、南太平洋にあるトンガ王国で
摂れるモズクに注目が集まるようになりました。

トンガ王国で収穫されるモズクは、トンガ王国周辺の海域にだけ繁殖する
希少種であり、分類的にもトンガ王国の周辺海域に存在する
新種である可能性が高い種類のモズクなのです。

赤道直下の太陽の陽射しを、たくさん浴びて育ったトンガ王国の天然モズクは
日本で養殖されるオキナワモズクの三倍ものフコイダンが含まれるとされています。


トンガ王国産の天然物である価値

フコイダンのなる海藻は、体の中に海水の成分を取り込む習性があり、
海水の濃縮した栄養素を持っているので

海水がどれだけ栄養が高いかが、海藻の栄養素を決める決定打になり
フコイダンの製品にとっても、海藻の栄養素が重要なのです。

大小さまざまな島から成り立つトンガ王国は
南太平洋に浮かぶサンゴ礁で出来た島々で

島に沿うトンガ海溝からは、澄んだが湧き上がり
ミネラルに優れた海水に育つモズクを収穫することが出来るのです。

海水が栄養素を多く含んでいることが、海藻を栄養たっぷりに育て上げ
栄養たっぷりな海藻からマイルドに抽出されるフコイダンは
で栄養も高い、ミネラルや豊富な
フコイダンを製品化することが出来るのです。

フコイダン効果には、海草が育つ海水の栄養も、大きな要素であるといえます。

フコイダン 

 <  前の記事 フコイダンの分子の大きさ  |  トップページ  |  次の記事 シーフコイダンの硫酸基結合量は?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴