Top >  高分子・低分子による効果の差 >  フコイダンの効果・低分子と高分子の違いについて

スポンサードリンク

フコイダンの効果・低分子と高分子の違いについて

フコイダンの効果は低分子と高分子で大きく違うのか気になるところです。
「低分子と高分子の違いについて」メーカー/日商ファインライフ社より


低分子フコイダンと フコイダンとの違いについて。

低分子フコイダンのほうが、吸収率が良いために必要成分が身体中にいきわたるように感じ、「フコイダンは吸収率が必要」との考え方が広がり始めていることに
危惧する声もある。

フコイダンは、の塊が硫酸化された物質であり、分子分子が強い物質ということは糖鎖つまり鎖状にが結びついた物質と考えられている。

であるフコイダンの分子量は、20万とも10万とも言われて
フコイダンの実験や論文では、フコイダンの種類はオキナワモズク、ガゴメコンブ、真に限られている。

フコイダンの人体における吸収性について、人間は摂取したものを分解する能力がないため、胃酸で溶けなかった物質は、小腸および菌とバクテリアの働きでに吸収されると考えられています。

毎日の摂取する成分や物質が、例え であろうとも、吸収が成されず、排出してしまうと考えるのは早計であると指摘されている。

フコイダンはに入ったときに、吸収されないまま、M細胞と呼ばれるのバイエル板にある組織に取り込まれ、マクロファージなどと連携することから、効率の良いフコイダンの活用は、低分子化をすることとは逆に、 でありながら適正な分子量に調整したほうが、フコイダンの有効性を人体に与えられるという考え方だ。

系以外には低分子でなければ意味がない』という説明は、妥当性に欠けるとする考え方も多くあり、超低分子をはじめとする、低分子フコイダンの主流に疑問を投げかける声がある。

低分子と が取りざたされる背景は、吸収が低分子のほうが高いとする考え方によるものだが、効能を有効に発揮するためには、吸収率がどちらが高いかよりも、どちらが効率的なのかという視点に立つことが必要だ。

現在の研究では、同じ量の フコイダンと、低分子フコイダンで効果を比較し、検討してみた結果、 のほうが強い効果を発揮することが研究結果で報告されているという声もある。

がん  

 <  前の記事 3 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 1.フコイダンとアレルギーの発症のメカニズム  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴