Top >  高分子・低分子による効果の差 >  2 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

スポンサードリンク

2 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

フコイダンは分子の結合が非常に強くなかなか壊れにくい多糖類です。人間の腸内には、

フコイダンを壊して吸収できるためのが存在していないので、と一緒に排出してしまうしかないと考えられているためです、

そこで、で吸収されるためには、フコイダンの分子量を小さくして、を通りやすくした低分子化したフコイダンならいいのでは、という議論が出てきて、今では超低分子フコイダンも存在します。

ところが、実際には糖質は二種類以上だと吸収されないことがわかっていますので、フコイダンのように分子が強い物質の吸収面だけを捉えて考えた場合に、フコイダンの生理的は働きについては、説明が出来ないのです。

フコイダンのと言う点から考えた場合に、フコイダンは分子が強い であるために、体が「手ごわい異物の進入」として、異物を排除するために免疫力をしているという理論があります。

フコイダンの生理学的効果において、良い成績を収め、全世界から注目させるに至ったのは、消化吸収されにくい フコイダンだったともいえるのです。

フコイダンについては、まだその働きが研究段階で、解明されていないところがあるのも事実です。

フコイダンの低分子化は、モズクなどの天敵であるアワビなど貝類が持っていいる、人間には備わっていないを用い、フコイダンの分子を切り離し、分子量を小さくする方法です。
これが、超低分子フコイダンと呼ばれています。
がん  

 <  前の記事 1 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 3 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴