Top >  高分子・低分子による効果の差 >  シーフコイダンとは?

スポンサードリンク

シーフコイダンとは?

シーフコイダンとは何でしょうか?

フコイダンの人体に対する効果は大変優れているのですが、フコイダンは全て同じではないのですね。

海藻の種類によって違いがあり、もずく、、わかめ、昆布などのヌルヌル成分の天然成分のひとつがフコイダンで、研究が進められ、

シーフコイダンは、もずくからとった超低分子のものを指し、副作用のない安全な天然素材であることや。9種類の必須アミノ酸や、ミネラルを多く含むことなど良質なフコイダンとして注目されています。

シーフコイダンは、南太平洋のトンガ産のもずくを使用して日本で製造された、分子量500と言う体内で吸収できる大きさの1/10という、非常に小さな超低分子で作られていて、吸収力が高く、フコイダンの効果を体内に取り込みやすいのが特徴です。

シーフコイダンのヌルヌル物質は、胃の粘膜と同じ状態になるので、胃の粘膜と同化しやすく、より吸収されやすいのが特徴です。

生の採れたてのもずくの鮮度を保ったまま、お届けできる濃縮エキスなのです。
フコイダン   効果 海藻

 <  前の記事 フコイダンは何からできているのか?  |  トップページ  |  次の記事 シーフコイダンはトンガ王国の海のモズクが原料です  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴