Top >  高分子・低分子による効果の差 >  3 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

スポンサードリンク

3 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

フコイダン効果を効率よく、体の中で有効に働かせるためには、単に吸収面だけをとらえて、フコイダンを低分子化するということよりも、


フコイダンの分子量を適正な大きさ( )に調整するほうが重要ではないかという考え方もあります。

フコイダンを効率よく活用するためには、低分子化することというより、適正な分子量( )にフコイダンを調整することが重要ではないか、といわれています。

現段階では、フコイダンの低分子と については、専門家の中でも意見が分かれています。

残念なことに、低分子が良いのか、 が良いのか、その優劣について照明する科学的研究の報告や、学術的な論文もまだ出ていないことが実情です。

低分子化することによって、硫酸基がバラバラになると、フコイダンの効能が奪われてしまうという懸念は、まだ残っていると考え、 フコイダンを選択される製造メーカーもあります。

がん  

 <  前の記事 2 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果・低分子と高分子の違いについて  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴