Top >  フコイダンとがんの書籍・商品 >  フコイダンとがん医療9

スポンサードリンク

フコイダンとがん医療9

フコイダンが一般化しにくい現状は、フコイダンの価格の高さゆえであり、もっと一般的に使いやすい価格になっていくことが症例数を増やし、実際にフコイダンはがんに効果があるのかないのか。
または、臓器系のがんだけに効果があるとか、○○系のがん細胞には効果が出にくいなど、判断することも増えていくのだと思われます。

今のところは、フコイダンは保健機能食品(栄養機能食品)であり、栄養補給の範疇にある食品で、医薬品ではありません。

統合医療が叫ばれるようになり、フコイダンを始め、様々な健康食品と医療が併用されているケースも多くなってきているようです。
症例の紹介に冷静かつ正しい判断をして、これさえしているから(飲んでいるから)絶対に大丈夫などという安易にすがりつくようなことをせずに、フコイダンにも誤解のない曇らない目で、今度の研究などに期待したいと思います。


  

 <  前の記事 フコイダンとがん医療8  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの二日酔い抑制作用・1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴