Top >  フコイダンとがんの書籍・商品 >  フコイダンとがん医療7

スポンサードリンク

フコイダンとがん医療7

フコイダンは保健機能性食品です。

健康食品には、ビタミンなど化学物質が含まれている場合も多く、病院から処方された薬に対し、何の作用もしないわけでもなく、投与される薬との因果関係は、個体差もあり健康食品の販売会社も把握はしきれていないと思われます。

つまり、フコイダン飲料をたんにむやみに摂取して、藁にすがるように頼っても、逆にがん細胞に対して悪い効果を与えてしまう危険が皆無なわけではないということです。
その自己責任の部分を、軽々しく考えて、むやみに飲んでしまう危険も考慮した方が良いのかもしれません。

フコイダンは「食品」であるので、大量に摂取しても副作用の危険がなく、またがん細胞にだけ効果があり、正常な細胞に悪影響を与えないことがフコイダンの魅力と謳われていますが、フコイダン飲料やフコイダン製品は、フコイダンだけが存在するのではありません。


  

 <  前の記事 フコイダンとがん医療6  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん医療8  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴