Top >  フコイダンとがんの書籍・商品 >  フコイダンとがん医療2

スポンサードリンク

フコイダンとがん医療2

フコイダンが実際に医療現場で治療に使われている臨床例がみられるようになってきました。

『末期ガン克服への挑戦ーあきらめない医療』(白畑実隆・著)は、「統合医療と健康を考える会」という、フコイダンの関連会社が作った健康食品の宣伝を行う団体がバックアップして活動している記録であり、この会では、推進する「低分子フコイダン」を使っての効果に注視していて、フコイダン全体の健康への有能性からは多少離れている可能性は否定できないものがあります。

会が推奨するのは、「低分子フコイダン入りモズク飲料」という商品名は「パワーフコイダン」と呼ばれるものだそうです。このフコイダン飲料の販売促進のために、『末期ガン克服への挑戦ーあきらめない医療』(白畑実隆・著)も書かれているといえる部分もないわけではありませんが、バイブル本と本書は決定的に違うものがあります。

健康食品のバイブル本として逮捕者が出た、史輝出版では、図書館で調べた内容をライターが何の根拠もなく本にまとめたものに過ぎないですが、『末期ガン克服への挑戦ーあきらめない医療』(白畑実隆・著)は現役の医師が実名で経験を紹介しているという点であります。


  

 <  前の記事 フコイダンとがん医療1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん医療3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴