Top >  フコイダンとがんの書籍・商品 >  「海藻フコイダン」でがん細胞は自殺する!!

スポンサードリンク

「海藻フコイダン」でがん細胞は自殺する!!

フコイダンが、がん細胞を消してしまう効果があることについて書かれた書籍があります。
アポトーシスと呼ばれるフコイダンの働きにはがん細胞を自滅させるスイッチを押してくれることと、正常な細胞は攻撃しないこと、自滅しない細胞に追い討ちをかけることなどフコイダンのがんに対する執拗な攻撃が世界中から注目されているのです。
「海藻フコイダン」でがん細胞は自殺する!!―ヌルヌルパワーでがんが消えた! |立川 大介
「海藻フコイダン」でガン細胞は自殺する!!―ヌルヌルパワーでガンが消えた!
立川 大介
史輝出版 刊
発売日 2003-02




癌(がん)、癌(がん)細胞、癌(がん)という病気、病理、病態の真理とは 2004-06-19
海藻フコイダンで癌(がん)が治る、この意味する所は何か、癌(がん)とは血液が人間の身体部位のいずれかの箇所に滞った一時的な病理現象である、癌(がん)の一時的病態とは人体を延命させる浄血機能現象に他ならない、では、その癌という病理現象を西洋医学の三大療法で加療するとどうなるか、間違いなく命を短くするか、早期にこの世から去ることになるだろう、よく癌(がん)を早期発見して手術の甲斐あって癌(がん)が治った、という話を耳にするが、真理はそうではない、本来、自然の摂理はんする人体にメスをいれる手術によって癌(がん)という腫瘍を取り除く大手術をしても健康を回復するだけの自己免疫力が、自然治癒力が備わっていただけの事である、では手遅れでしたという発言をする医者のケースの場合はどういうことか、つまりは人間の免疫の重要な役割を備える腸管免疫の腸内細菌バランスが生死の可否を決定している、医者の言うことは鵜呑みに、妄信してはいけない、セカンドオピニオン、もしくはこれだけ医療過誤や医療事故が絶えない日本の医療に不信感を感ずる人はサードオピニオンまで持つのが賢明だろう、フコイダンが癌を治す、その意味するところは、癌腫瘍という一時的血液の滞りを改善し、血液の流れをよくし癌腫瘍を溶解することである、フコイダンとは要は海藻類のヌルヌル成分の事である、海藻を食して癌(がん)が、病気が治るなら、これほど自然の理にかなったことはない、真理を見抜く目、健康の大切さと自然の恵みに感謝できる健康への慧眼書です


さらに詳しい情報はコチラ≫
がん

 <  前の記事 フコイダンの威力が、がんを攻略する  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・アガリクス・秋ウコンのがん細胞時間差攻撃  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴