Top >  フコイダンの効果と選び方 >  7 フコイダンを選ぶ7つのポイント

スポンサードリンク

7 フコイダンを選ぶ7つのポイント

【 フコイダンの価格 】

大きな価格差が存在するのが、フコイダン製品です。

価格差の拡大は、メーカーが宣伝費用をどのくらいで想定しているのかによっても変化し、原材料の比較を価格では決められないのが現状です。


わざと価格を高く設定してよい品質である事を訴えている販売元もあります。

良いフコイダン=高い価格ではなく、注目されているフコイダンだからこそ
注意して商品を選ばなければいけないとも言えそうです。

フコイダンを選ぶ際に、一番重要なのは、フコイダンのと硫酸基の分子量(13%)、混ぜ物が少ないフコイダンが良い商品といえるでしょう。

商品の重量に対して、純然たるフコイダンの含有量がどのくらいなのか、これも大事なポイントです。

いくら安いフコイダンであったとしても、含まれているフコイダンが微量でしかなかったら、安いどころか大変高い買物をしているということもあわせて注意したいところだといえるでしょう。

各社の製品のと含有量、硫酸基の分子量を比較検討してみると良いかもしれません。
がん  

 <  前の記事 6 フコイダンを選ぶ7つのポイント   |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを創傷被覆材にする研究  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴