Top >  フコイダンの効果と選び方 >  6 フコイダンを選ぶ7つのポイント 

スポンサードリンク

6 フコイダンを選ぶ7つのポイント 

【特許の意味】

特許取得と健康食品で書かれているものがあります。

特許とは製造過程で各社が独自にそれぞれ考えた方法がある場合に、出願審査が通る、国で定めた独自の製造方法の権利を守る法律ですが、製品を製造するにあたって、比較的取得しやすいともいえます。

商品の優位性を訴えるために、広告で特許を強調することがありますが、製造特許が良い商品の根拠にはなりません。

製造特許はあくまでも製造方法を守るために存在するものであり、製造過程を開発した該当者の権利を守るもので、出来上がった商品の有能性とは無関係であります。

特許の申請には手間と時間、費用がかかるために、販売する国それぞれで申請され、世界的な特許と言うものは存在しません。

日本で特許をとったとしても、日本国内だけの特許に明記された範囲の権利が守られたに過ぎず、世界中に有効な効力を発揮することはありえません。

特許の認可は、商品の良質さや有能性、商品の素材の良さとはかけ離れたものだということを知りつつ、特許もとっているくらいだから信用できるはずだと思ってしまう消費者の心理も、特許を取得する背景にあることは否めません。

がん   

 <  前の記事 5 フコイダンを選ぶ7つのポイント  |  トップページ  |  次の記事 7 フコイダンを選ぶ7つのポイント  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴