Top >  フコイダンの効果と選び方 >  4 フコイダンを選ぶ7つのポイント

スポンサードリンク

4 フコイダンを選ぶ7つのポイント

【フコイダンの含有量と純度】

●フコイダンを購入するときのポイントは、その商品にどのくらいのフコイダンが含まれているのか、明記されているものを選ぶことが大事です。


値段が高くても、フコイダンの含有量が少ないフコイダン製品も見受けられるので
選ぶ側の見る目が問われています。

内容量の表示が義務付けられているので、商品の外箱に明記されていて、確認できます。
内容量とは商品そのものの重量のことで、外箱や包装紙、分包されているものなど覗かれた重量のことです。

気をつけたいのは、重量は単に商品の重さだけであって、フコイダンの量とは全く関係ありません。

製品を形成する上で必要だった、増ねん剤や賦形剤も含まれた総量を示していて、本来必要な成分以外のものが半分以上も含まれている製品も売られています。

フコイダンの含有量も明記してある商品が安心といえますが、明記した数字の数分の1しか含まれていない健康食品も、厚生労働省の調査で判明したりするケースもあるので、信頼できる商品選びは、実に難しいといえます。

フコイダンのについても、数字が記載されているものを選びましょう。

さらに、硫酸基の分子量も13%以上が望ましいと知られています。

どちらも製品を選ぶ際の基準になりうるものだと思います。

がん   

 <  前の記事 3 フコイダンを選ぶ7つのポイント   |  トップページ  |  次の記事 5 フコイダンを選ぶ7つのポイント  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴