Top >  フコイダンの効果と選び方 >  3 フコイダンを選ぶ7つのポイント 

スポンサードリンク

3 フコイダンを選ぶ7つのポイント 

【フコイダンの分子量と吸収率について】

フコイダンには、低分子フコイダンの優位性を謳うものがあり、フコイダン選びを益々困難にしています。

なぜ、低分子フコイダンが製品化されるようになったのでしょうか。

フコイダンはで、フコースと呼ばれる類がたくさん分子され鎖のように絡み合ってくっついています。

フコイダンの分子量は、1万から20万くらいまでの大きな分子であり、それが吸収率の悪さなど考えられ、低分子化の製品が多く出ているのですが、低分子化するためには、でフコイダンを切り離さなければなりません。

●フコイダンの有効性を低分子化が阻害するという報告

本来、フコイダンは として存在し、たくさんの分子がくっついて出来ているものですが、低分子化することでフコイダンの命ともいえる硫酸基の分子がなくなってしまったり、フコイダンの有能性を発揮する働きができなくなってしまうのではないかと、危惧する声も強くあります。

低分子にしても吸収が良くなると実証はされていないのが事実です。

最近の研究で、フコイダンのようなの場合は、 のままでも小腸のから摂取されることがわかってきました。

小腸で吸収されたフコイダンが、として分子が大きいままのほうが、人体に与える強い反応を起こすと考えられていて、分子量と吸収率で、フコイダンの働きを説明するのは、根拠がないと考える専門家も多くいます。


がん   

 <  前の記事 2 フコイダンを選ぶ7つのポイント   |  トップページ  |  次の記事 4 フコイダンを選ぶ7つのポイント  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴