Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの飲用期間

スポンサードリンク

フコイダンの飲用期間

フコイダンをどのくらいの期間飲用するのかについても
書かれている記事を発見しました。

1.健康維持や健康向上の目的でフコイダンを引用するのであれば、期間に限定することなく、
フコイダンのが、がんや生活習慣病の予防になるので継続して引用されることがフコイダンの効果には望ましい。

2.難病など病気の改善をフコイダンの飲用目的とする人には、約1ヶ月から3ヶ月を規準に飲用すること。
その後、検査結果や症状の改善などの経過を見ながら、フコイダンの増量または減量すること。

3.症状の改善後も、健康維持・予防の意味からもフコイダンを継続飲用するほうがいい

※人によって個体差があり、症状にも多々あるので
フコイダンに詳しい専門家に相談して、飲用をすることがリスクを減らせるということもある。

ドリンクタイプのフコイダンは、冷蔵庫に保管し、早めに飲みきること。

パウダー・タイプのフコイダンは、直射日光を避けて、常温

と言う肉体強化が期待されるフコイダンですが、飲用する量と期間は、その人それぞれということみたいですね。

フコイダン

 <  前の記事 フコイダンの飲用のしかた  |  トップページ  |  次の記事 1.フコイダンの選び方について   > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴