Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの高純度

スポンサードリンク

フコイダンの高純度

フコイダンの効果を高めるためにも、フコイダンの高純度であることが大事です。

フコースが、硫酸基、全糖、ウロン酸などと分子していて
「硫酸基の分子13%以上」と言う意味は、フコースと硫酸基の結びつきの割合を示しているのです。

で身体への働きかけも強いフコイダンとは、
フコースの量が多く、かつ 硫酸基との分子も多いフコイダン ということになります。

フコイダンをのモズクからする過程の熱が、フコイダンのを決める大きな問題で、フコースは熱を歓迎するが、硫酸基の分子は熱で壊れやすいという弱点があるためです。

モズクに熱を加えれば加えるほど、フコースはされるのですが
熱を加えると、硫酸基の分子は壊滅的になってしまうのです。

105度で15分加熱すると、硫酸基は全滅するという報告もあります。

硫酸基を壊さないようにするためには、時の熱加減における技術が
大変重要です。


フコイダン   

 <  前の記事 フコイダンを飲用する量  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン 血栓形成の抑制  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴