Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンを飲用する量

スポンサードリンク

フコイダンを飲用する量

フコイダンはどの程度飲むと効果的なのかということは
フコイダンが健康食品であり、薬ではないので飲む量に基準はありません。


ただ、抗がん作用を期待するならば、一日にフコイダンを3g~6g摂取したほうがよいといわれています。

一日に3g~6g摂取すると、抗がん作用などに効果があるとされるフコイダンですが、フコイダンのによって、コップ半分でよかったり、2杯も3杯も飲まなければいけないものがあったり、その製品によって違いがあるようです。

「フコイダンの含有量」と「硫酸基(※)分子量」をフコイダンといいますが
フコイダンを同量でとろうとしたとき、で分量が大きく異なることがあります。

フコイダンのを考える時に、フコイダンの機能や効能さえ左右する、「フコイダンの含有量」と「硫酸基の分子量」に注意する必要があり、硫酸基分子量は13%以上が望ましいという規格が、現在では一般的です。
   

 <  前の記事 フコイダンを含む褐藻類  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの高純度  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴