Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの良質な原料

スポンサードリンク

フコイダンの良質な原料

もっとフコイダン効果を高める、良質のフコイダンを求めるために研究をやめなかった研究者たちは、海外に目を向けました。

汚染の少ない地域、海水のもっとも汚れていない地域を、世界中を調査し割り出した結果、太平洋の南側、つまり南太平洋が選択されたのです。

もずくの生育環境として南太平洋のなかで、もっとも理想的な場所をさがしたところ、が選ばれました。

は赤道に近いため、ぎらぎらと降りそそぐ太陽の光が1年を通して絶え間なく降り注ぎ、変化の少ない温暖な気候、

豊かな栄養とミネラルを含んだよりたえまなく湧き上がり流れ込む海流と、栄養豊かなモズクが育つ環境が整っていたのです。

一年中変わらない十分な光合成ができる太陽の光があること、栄養豊富なが豊富に新鮮にあること、水温が一定している温暖な気候…モズクの生育環境として、最高の場所です。

は、栄養豊富なモズクに必要な3大条件が奇跡的に合わさり、まさにモズクの楽園と呼ぶに相応しい自然環境だったのです。

早速、のモズクをとりよせ、調査研究した研究者たちは、驚愕した発見をします。

のミラクルモズクは、日本国内最高の品質を誇る「オキナワモズク」よりも、さらに5~6倍も多く「フコイダン」を含んでいることを発見したのです。

化学組成がオキナワモズクのフコイダンとのフコイダンでは、多少違います。

のフコイダンの化学組成は、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸、硫酸で組成されていて、硫酸は(16.0%)、ウロン酸は(5.9%)と、

オキナワモズク産のフコイダンよりのフコイダンにフコイダンの命である硫酸が多く含まれていることがわかりました。

13%以上の硫酸を、フコイダンが有効に機能するためには含有していなければなりません。
フコイダンの作用の源は硫酸化(硫酸化フコース)こそであるからなのです。

南太平洋の聖なる南の島と呼ばれるは、100年も手つかずの自然が残っています。
研究者にとってミラクルモズクの発見は、まさに感動的だったことでしょう。フコイダン モズク オキナワモズク

 <  前の記事 フコイダンを抽出するモズクについて  3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの実験データー1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴