Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの二日酔い抑制作用・1

スポンサードリンク

フコイダンの二日酔い抑制作用・1

フコイダンに、二日酔いの抑制作用があることが、海産物のきむらやの研究で明らかになりました。

2009年02月12日

モズクから抽出したフコイダンに、二日酔いを抑える作用があるとして海産物のきむらやが、特許を申請しました。体内に摂取したアルコールを低減させ、二日酔いを防ぐ効果もあることが確認されました。

今後は、鳥取大学とともに、血中のや尿でのフコイダンの効果を研究を進めていくとのことです。

きむらやはモズク由来のフコイダンの研究を進めており、フコイダンの製品「SEA ALGA-F」の製品が開発されています。

笠木健鳥大名誉教授が海産物のきむらやの顧問をしており、その指導の下、オキナワ産モズク
の医薬効果について、研究をしています。
今回の二日酔いの研究は、フコイダンの原液を30ml飲んだ場合と、フコイダンを飲まなかった場合との違いについて行われたものです

  

 <  前の記事 フコイダンとがん医療9  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの二日酔い抑制作用・2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴