Top >  フコイダンの効果と選び方 >  抗がん剤の副作用抑制効果 特許登録2

スポンサードリンク

抗がん剤の副作用抑制効果 特許登録2

フコイダンを試験管レベルで実験を繰り返し、胃がんの腫瘍抑制効果や抗がん剤の副作用抑制効果を解明してきた、水産品加工会社「海産物のきむらや」ですが、フコイダンは分子量が高いほど粘りが強くなるのが特徴だそうで、高分子のフコイダンのほうが健康作用へ働きかける期待度も高まるとのことです。

水産品加工会社「海産物のきむらや」では、独自の超ろ過技術を開発することで、フコイダンを高分子のまま減益の抽出、精製をすることに成功、工場設備も2006年に完成し、フコイダン由来の健康食品を通信販売をしています。

フコイダンのがん細胞への効果には、医薬品への開発へ期待されていますが、水産品加工会社「海産物のきむらや」でも、今後は医薬品としても製品化を目指していくために、鳥取大医学部と臨床実験の協力を依頼しており、ますますの研究に熱を入れていくそうです。

水産品加工会社「海産物のきむらや」の社長、木村隆之さんは、「特許登録は医薬品開発の足がかりになる」と今後の抱負を語っているそうです。

 <  前の記事 抗がん剤の副作用抑制効果 特許登録1  |  トップページ  |  次の記事 サプリ  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴