Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンなど海洋資源の活用 1

スポンサードリンク

フコイダンなど海洋資源の活用 1

フコイダンを始めとする、海洋資源の活用に、沖縄では県や県内外の産学官関係機関が連携して、沖縄地域の海洋生物、亜熱帯性マリンバイオ資源を有効に利用しようとしています。

2008年から3年間実施されるマリンバイオ産業創出事業では、機能性物質の高度利用のほかに、加工技術を開発する海藻生産の技術開発なども進めていく予定です。

参加には、琉球大学、東北大学、県水産研究センターのほかに、健康食品会社やバイオベンチャーが協力し、事業の推進を行います。

この事業には、文部科学省が1億円、沖縄県が4100万円を拠出し、水産・水産加工や健康食品、バイオ産業などが協力し合って発展を目指す技術改革モデルを目指しています。


  

 <  前の記事 フコイダンの市場 90億円に  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンなど海洋資源の活用 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴