Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの市場 90億円に

スポンサードリンク

フコイダンの市場 90億円に

フコイダンが注目されるようになって、飛躍的に健康ブームにも乗って、フコイダンの市場は伸び続けていますが、2008年4月の時点で、フコイダン市場は90億円にまで到達しました。

フコイダン市場というのは、海藻由来の新規原料、つまり、コンブ・モズク・メカブ由来のフコイダンなどを中心にする海藻由来の機能性食品市場のことを指します。

機能性食品は、フコイダンのほかにミネラルや食物繊維を高い%で含むガニアシや、アスコフィラム・フーカスなどを原料にしたものの流通も、健康意識の高まりと共に増加傾向にある。

そうした流れにあっても、ツルアラメ・フコキサンチンなどの海藻由来の開発が進んでおり、企業の熱心な提案は相変わらず活発な動きがあります。

フコキサンチンは“海藻カロテノイド”として注目されており、生産効率の悪いのが難点でしたが、開発により課題がクリアされ、一層生産に拍車が掛かることが予想されます。

海藻市場での一番の牽引する場所にあるフコイダンは、抗腫瘍・免疫賦活・抗ピロリ菌・抗ウイルス効果の優れている部分が高い評価を受け、その様々に開発された商品は、アメリカや韓国などへの輸出されており、海外市場も確かに、大きく発展しつつあります。

またフコイダンの保湿効果は、化粧品業界でも受け入れられ、高い保湿効果があるフコイダンの認知度は、配合される化粧品の訴求を高める役割もあります。フコイダン市場は、こうした各分野での発展から90億円にまで到達し、最近ではフコイダンの行くもう効果にも注目があつまり、100億円突破も近い将来見越せるものに育っています

 <  前の記事 フコイダン市場、85億円を突破   |  トップページ  |  次の記事 フコイダンなど海洋資源の活用 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴