Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンは粉末で壊れないか

スポンサードリンク

フコイダンは粉末で壊れないか

フコイダンが活きているといえることが、良いフコイダンを選びフコイダン効果を実感する為にも大切です。


フコイダンのは、生きている天然モズクです。
モズクのヌルヌルした成分からフコイダンは抽出されます。

フコイダンの元々はの成分であり、のフコイダンは、のフコイダンに高熱を加えたり圧力をかけたり、化学物質を加えたりして、様々な工程を経て乾燥させたに製品化しています。

フコイダンを乾燥した状態にするまでに通過させる製造工程が問題点にあげられます。

活きたフコイダンの硫酸基をこわしてしまうことも含めて、フコイダンの効能のある成分を破壊してしまいます。

ある調査では、などの状態になったフコイダンと、のままのフコイダンでも
同じ材料から製造されていても、効果に差が出てしまうことが確認されているそうです。

「同じから製品化されたものであっても、訓松にする際の製造工程の違いと、水分に含まれる物質に何らかのに原因があると推測される」と発表されています。

モズクの育つ環境は、10度から20度くらいの海水温度です。

乾燥したフコイダンを製造する工程は、10度から20度くらいの快適な温度で生活するモズク(フコイダン)がストレスを感じる条件で、精製が行われるので、フコイダンが壊れてしまいやすいといえるかもしれません。
フコイダン モズク

 <  前の記事 フコイダン効果、粉末と液体の違い  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを抽出するモズクについて 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴