Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダン機能性食品の今後

スポンサードリンク

フコイダン機能性食品の今後

フコイダンは機能性食品として注目を集めています。

日本農芸化学会07年大会が2007年4月27日までの4日間に東京農業大学世田谷キャンパスで開かれました。
「生命・食糧・環境」に関連する最新の研究成果が、一般演題は2,400題で、すべて口頭での講演で発表されました。シンポジウム16題、ランチョンセミナー13題も行われ、「ポリフェノールと健康~機能性と安全性の分子構造」では、大豆イソフラボンの安全性と有効性などが取り上げられました。

一般演題では、機能性食品への関心の高さが顕著になり、ローヤルゼリー、アガリクス、黒酢、プロポリス、クロレラ、ウメ、冬虫夏草、白金ナノなど機能性素材のほか、ギャバ、ラクトフェリン、緑茶カテキン、アントシアニン、CoQ10、フコイダン、大豆ペプチド、ヘスペリジンなど関与成分の有用性や作用機序を検証した研究発表が多く寄せられ、健康食品の市場の発展と拡大が、ここにも現れています。

2007年4月 新聞のニュースより

  

 <  前の記事 フコイダンモズクの品質安定【2】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン市場、85億円を突破   > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴