Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダン効果、粉末と液体の違い

スポンサードリンク

フコイダン効果、粉末と液体の違い

フコイダンの効果は、フコイダンの製品を選ぶうえで大変気になるところです。
超低分子フコイダンのは、モズクです。
モズクのヌルヌル成分にフコイダンが含まれていますが、元々の状態で、になった粉ではないのです。

人間の体内で吸収される過程は、成分では、大きく異なります。

などのフコイダンは、必ずお水などの水分を助けに飲み込まなくてはなりません。
病人や体の弱ったお年寄りに、フコイダンのは、苦労して飲まなければいけない固い物質です。

フコイダンのは、口の中にもにもフコイダンが触れることなく胃まで通過してしまいます。胃の中でやっとフコイダンが溶けはじめ、胃よりも下にあるから、フコイダンの効果が働き始めるのです。

こののフコイダンでは、残念ながら口、、胃の噴門(胃の入り口付近)では、完全にフコイダンに触れることが出来ないのです。

胃の中でやっとフコイダンが接触できるのですから、つまり 口や 胃の入り口にがんや炎症などの不安要素を抱えていた場合は、フコイダンの接触で得られる効果が奪われてしまうのです。

高価なフコイダンであっても、接触する機会が無かったらフコイダン効果を働かせることが出来ません。

人の身体は、薬物を口の中の粘膜(特殊輸送機構)で吸収する機能も持っているのです。
20年ほど前に口内における吸収の機能が発表されて以来、口腔粘膜と舌下粘膜という部位から吸収されることにも注目が集まっています。

のフコイダンは、口の中からも吸収されることができることから
超低分子フコイダンでしか有効な働きを成さない場所があるとも考えられています。


二日酔いや胃の調子が悪い、やすい、などの体調不良でくすり屋さんのお世話になる時に、のお薬や、栄養補助ドリンクを出してもらうように

のほうが、よりも、圧倒的に吸収率が良く、効果も早く現れ、結果を体感しやすいので、吸収力によって薬の効果も違ってくるということです。
フコイダン  モズク

 <  前の記事 フコイダンはたくさん吸収したほうが効果があるのか?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは粉末で壊れないか  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴