Top >  フコイダンの効果と選び方 >  褐藻類の仲間 藻華【5】

スポンサードリンク

褐藻類の仲間 藻華【5】

フコイダンが認知されるようになって、フコイダンを多く含む藻華にも関心が集まっていますが、藻華のちょっと面白い話としては、藻華は最大で8Mもの長さにまで成長します。

船のスクリューにひっかかり邪魔にしかならないため、「ジャマモク」と呼ばれ、かき・のりの養殖にからみ作業が困難になるために、漁師さんから毛嫌いされてきた過去があるそうです。

海辺に出かけたときに、大きな藻の塊が流れていたら、それが海藻「あかもく」、藻華なのだそうです。

食感が良いのが特徴ですが、ほとんど無味無臭なのでわさび醤油や三杯酢などで味をつけ、包丁で叩いて粘りを出し、いただくのが一般的です。

近年、この「あかもく」が、食物繊維・フコイダン・ポリフェノール・ミネラル・ビタミンを豊富に含む、優れた自然食品であることがわかりました。
特にネバネバ成分「フコイダン」の健康食品機能(制癌作用・免疫増強・抗ウイルス・抗酸化・生活習慣病予防効果)に注目が集まり、多くの学術機関に研究されています。

  

 <  前の記事 褐藻類の仲間 藻華【4】  |  トップページ  |  次の記事 医薬品への願い  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴