Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンはたくさん吸収したほうが効果があるのか?

スポンサードリンク

フコイダンはたくさん吸収したほうが効果があるのか?

フコイダンは多粘性の多糖類なので、分子の大きさは普通20万をこえる高分子の構造状態です。

わたしたち人間が、摂取した食べ物を歯で噛み砕いて、胃で消化し分解、で吸収される分子の大きさは、約3000から4000と言われています。

そのうちの3000~4000の分子の大きさであってさえ、で吸収されるのは、全体の4~5%しかないという研究データーがあります。
残った95%は、便となって排泄されてしまうのです。

結果、もともと で、分子の大きさが20万もあるフコイダンは、入り口が小さい人間のを潜り抜けることが出来ず、身体に吸収されないと考えられています。

特殊な技術を使い、分子の大きさが20万もあるフコイダンを、分子の大きさが500という小さな低分子、超低分子に加工しているのが超低分子フコイダンです。

この超低分子フコイダンは、人体吸収率を驚くほど発揮し強化した製品です。

その驚くべき吸収率は、超低分子フコイダンが人間が吸収する分子の大きさの6分の1だから驚異的な吸収率を発揮しているのです。

フコイダンは、ごく普通に『フコイダン』という名前で販売されていますが、分子が20万もあるフコイダンとは、全く吸収力が違います。

人が玄関のドアから自由に出入りできても、玄関のドアよりも大きな荷物は家の中に入れることが出来ません。

フコイダンは、人の体の中に吸収されにくいのです。

超低分子フコイダンは、分子の大きさが500という小ささになっていて、人が吸収する分子の大きさの1/6から1/8の小ささになっています。

身体にスムーズに吸収されたフコイダンは、効果を有効に発揮してがん細胞を攻撃してくれます。

大変高価なフコイダンの商品ですので、「たくさん吸収されるほうが結果が出にくい」と言われています。フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンとアミノ酸は相乗効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果、粉末と液体の違い  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴