Top >  フコイダンの効果と選び方 >  褐藻類の仲間 藻華【1】

スポンサードリンク

褐藻類の仲間 藻華【1】

フコイダンは褐藻類に含まれるヌルヌルした成分で、モズクやガゴメ昆布、ワカメなどに含まれることが広く知られるようになって来ました。

ところで褐藻類の仲間は、とてもたくさんあることは、あまり知られていません。

松島湾の幸、藻華(モカ)と呼ばれる褐藻類にもフコイダンは含まれています。
藻華とは、松島湾に生息する褐藻類(ホンダワラ科)に属する海藻です。

平成17年に新名称が藻華とつけられ、他県では「アカモク」や「ぎばさ」という名称で親しまれています。
このブログでも、アカモクについてフコイダンの開発を取り上げています。

岩手では「あかもく」、秋田では「ぎばさ」 、北陸では「ぎんばそう」の名称で呼ばれている藻華は、冬から春にかけて繁茂する特性があり8メーターにも成長し、フコイダンの開発では、常時収穫できるように養殖が盛んに研究されています。

藻華の美味しさは、認知の高いものですが、海水中の窒素やリンなどを栄養源としているために、海水の浄化作用を推進させるためにも貢献しています。

  

 <  前の記事 フコイダンが保湿成分の素材に【2】  |  トップページ  |  次の記事 褐藻類の仲間 藻華【2】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴