Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの血栓形成抑制効果 3

スポンサードリンク

フコイダンの血栓形成抑制効果 3

血管の中に脆弱性ポリープができ、そのポリープが何らかの原因で傷つき、その修復のために血小板が集まり凝結することで、血栓症は発症します。

酸処理を施して得られた、分子量の平均が約2千ほどの低分子化されたF-フコイダンオリゴ糖と、
分子量が20万ある高分子ガゴメコンブ由来フコイダンのほうが、強く血栓抑制の効果を持つことも明らかになりました。

では今後ともフコイダンの機能性食品としての開発を続け、生物活性の研究をしていく方針です。

 <  前の記事 フコイダンの血栓形成抑制効果 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血栓形成抑制効果 4  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴