Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの血栓形成抑制効果 2

スポンサードリンク

フコイダンの血栓形成抑制効果 2

フコイダンに血栓抑制効果があることを、宝酒造バイオ研究所は2004年6月のマリンバイオテクノロジー学会にて発表しました。
この研究発表は、ガゴメコンブ由来フコイダンの主要成分であるF-フコイダンを用いて行われました。
F-フコイダンを酵素的に分解して作られたF-フコイダンオリゴ糖をラットに経口摂取させ、静脈において血栓抑制効果が得られるというものです。

では、機能性食品素材として開発している平均分子量が約20万ある、ガゴメコンブ由来フコイダン(硫酸化多糖)をラットに経口摂取させると、だけではなくにも内皮細胞にフコイダンが接着することが発見されました。
また同時に、で血栓抑制効果が得られることも発見されています。

 <  前の記事 フコイダンの血栓形成抑制効果 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血栓形成抑制効果 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴