Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンの効果、ガゴメコンブ 1

スポンサードリンク

フコイダンの効果、ガゴメコンブ 1

フコイダンの研究で知られる、宝酒造 バイオ研究所でもガゴメコンブ由来のフコイダンに注目して、研究開発が進められています。

ガゴメコンブとは、そもそもどんな昆布なのでしょうか。

ガゴメコンブとは、真昆布と同じ、北海道の南茅部地域に生息する昆布です。
表面の凸凹としている様が、まるで「カゴメ」のように見えるさまから、ガゴメコンブと名前が付いたそうですが、健康ブームに注目が集まるようになる前は、その凸凹している形状が商品価値にはそぐわないとされ、地元の人しか食用していなかったそうです。

とろみが強くて、松前漬け等に適しているほか、大阪の地域では薄く削られ、おぼろ昆布としても人気が高いそうです。

肉や加工食品と摂取した後の人の身体は、酸性に傾き、が上がりやすくなったり細胞の働きも弱まった状態になります。

昆布などに含まれている成分やは、を正常化し、糖分の消化吸収を助け、全身の免疫力もアップさせてくれる効果があります。

 <  前の記事 フコイダンの保湿効果 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果、ガゴメコンブ 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴