Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダンと海藻の利用 2

スポンサードリンク

フコイダンと海藻の利用 2

フコイダンは褐藻類に含まれている、ヌルヌルした物質です。
海草の食物繊維にはフコイダン、寒天、カラギーナン、アルギン酸などがあり、食物繊維は人間にとって有効な働きをする効果が高い食材です。

人間の体には、食物繊維を消化する酵素がありません。
消化するシステムを持たない人間の体は、食物繊維を腸内の細菌が一部分解するだけに留まり、エネルギーに分解することが出来ないのです。

食物繊維がダイエットに有効と言われるのも、この点にあります。
海草がダイエット食品として、広く認知される健康食品です。

食物繊維は消化吸収はされませんが、褐藻類に多く含まれるアルギン酸は、血圧を下げる作用があり、便りになる成分です。
アルギン酸高血圧の原因である、食塩をくっつけて、便と一緒に排泄してくれて、食塩のとり過ぎを防いでくれる働きもします。
カルシウムと結合すると固まる(ゼリー)性質もアルギン酸は持っていて、北海道立釧路水産試験場はこれらの作用に注目し、未利用海草スジメから、たまご(いくら)の形をしたゼリー様食品「海草のたまご」を生まれさせました。
 食物繊維アルギン酸

 <  前の記事 フコイダンと海藻の利用 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと海藻の利用 3  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴