Top >  フコイダンの効果と選び方 >  フコイダン市場、85億円を突破 

スポンサードリンク

フコイダン市場、85億円を突破 

フコイダンの市場は、大きく発展し85億円にも達したことが、2007年4月に明らかになりました。
大手の企業が参入し、研究開発が進むフコイダンですが、化粧品関連へのフコイダン素材の導入により、一般消費者にフコイダンへの認知がいよいよ高くなり、本格的にフコイダンが健康や美容、その他の関連商品へ取り上げられています。

錠剤、エキス、顆粒などのサプリメントがフコイダンの定番商品として、確立する一方で、EBS(Evidence Based Supplement)商品の提案も活発に行われ、市場規模は85億円を突破したそうです。

フコイダンを素材として味・匂い・色なども研究に取り組んでおり、化粧品素材としてフコイダンの保湿力や皮膚の改善の機能性などが高く評価され、フコイダンの認知度も高いことで今後の市場拡大はさらに活発化すると思われます。

フコイダンが昆布やワカメなどの褐藻類に含まれますが、原料によって有能性や機能性にも多少の違いがあり、何を由来にしたフコイダンなのかも問われる時代となっています。

薬学会、農芸化学会では、フコイダンの原材料が何であるのか、またどんな機能性が発見できたかなど、多角度な方面から研究成果が活発に報告され、由来別のベーターバックが整いつつあります。

台湾などへの市場拡大も行われるようになり、フコイダン市場は成熟期を迎えているといえるでしょう

2007/04/25 新聞のニュースより

  

 <  前の記事 フコイダン機能性食品の今後  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの市場 90億円に  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴