Top >  がん治療のニュース >  コーヒー3杯で子宮体がん予防

スポンサードリンク

コーヒー3杯で子宮体がん予防

厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)は9月に、コーヒーと子宮体がんとの関連性を発表しました。

子宮体がんは、肥満や灯明病の人、女性ホルモンの活発な人がなりやすいといわれている病気ですが、コーヒーを一日に3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ子宮体がんになる恐れが、約6割も低いことが確認されました。

調査は岩手、大阪など9府県の40歳~69歳までの女性、約5万4千人を対象に、平成2年から最長で15年間追跡調査を実施した結果、対象者の中から117人が子宮体がんと診断された人がいました。

調査では、開始時期にコーヒーを飲む習慣について聞き取り調査を行い、コーヒーを飲む量によって4つのグループに分けて関連性を調べました。コーヒーには血糖値を下げたりするほか、女性ホルモンの働きを調整することが知られています。

コーヒーを飲む頻度が、週に2日以下というグループと比較した場合、毎日1杯~2杯のコーヒーを飲む人は4割、3杯以上コーヒーを飲む人は6割も子宮体がんを発症するリスクが低いという結果が出ました。


  

 <  前の記事 野菜と果物をより多く摂取しましょう!・2  |  トップページ  |  次の記事 通信販売 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴