Top >  フコイダンのがんへの効果 >  3 フコイダンに抗腫瘍活性

スポンサードリンク

3 フコイダンに抗腫瘍活性

3 フコイダンに抗腫瘍活性 2006年8月 タカラバイオ研究所

フコイダンの効果を研究しているタカラバイオ研究所では当資料取り扱い上の注意点として
下記の事をあげている。


タカラの資料中における計画、見通し、戦略、確信などの中の、歴史的な事実に反するものは、将来の業績に関する見通しであるとしている。

現時点において、タカラの経営陣の判断において、入手可能な情報から行われるものだが、多くの仮定および考えは、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報からであるとしている。

同研究所の予測が、さまざまな要素から実際の業績において、大きく異なる結果になる可能性もあると示唆している。

経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力が実際の業績に影響を与えるとしているが、

同研究所の知的所有権に対する侵害や重大な訴訟における不利な判決、既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断などあるが、業績に影響を与える要素は、これらに限定されないとしている。
  がん

 <  前の記事 2 フコイダンに抗腫瘍活性   |  トップページ  |  次の記事 4 フコイダンに抗腫瘍活性  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴